3Dプリンターで自動撮影カメラのアクセサリー作成

2014年1月24日

カニ太郎

GIShopに念願の3Dプリンターがやってきた!

そいつの名前はSCOOVO。スモール工房が名前の由来らしい。その存在を知った時からどうしても欲しかったけどまだまだ自腹じゃ手が出ない価格。じゃあ会社で買ってもらえばいいんだ!理解ある上層部の承諾を得て昨年末に到着。

・・・こいつだ

scoovo-c170

早速、サンプルデータの中からiPhoneスタンドなるものをチョイスして試作してみる。

スタッフみんな見るのも初めて触るのも初めて。動いたときには「おお~!」「カシャッ」「ピロリロリ~ン」と撮影会が始まる始末。でも完成まで・・・え?8時間!?

2時間くらいでパパッというイメージだったけどかなり時間がかかるのね。こりゃ今日のものじゃないとあきらめて帰宅しようと思ったがそこはGIShop。だてに自動撮影カメラを販売していません。この過程をSG-007でタイムラプス撮影することにした。

翌朝、(ほぼ)完成していた!立体のものがプリントされているってすごい!!その時のタイムラプス画像を動画にしたのがこれ

YouTube Preview Image

なるほど。1層ごとに組み上げていって立体形にしてるんだ。おもしろいな~

試作と仕組みがわかったところで、よしなんか作ろう!実は3Dプリンターでどうしても作成したいものがあった。自動撮影カメラのアクセサリーだ。

自動撮影カメラはほとんど野外で使用するにも関わらず防水の機種は現在のところSG-007しかない。そこでGIShopでは雨天ルーフなどを自作してきた。でももっとスマートになるはず。という思いからそのまま自動撮影カメラに被せる「雨天キャップ」を自作したかったのだ。

でも図面はどう書くのか。CADなんて学生時代以来使ってないんですけど。

調べてみるとCADを使えなくても図面を作成できるフリーのソフトやウェブサービスが山ほどある。いい時代です。

何種類か使ってみて一番良さげなTinkercadなるサイトを使ってみた。ソフトのインストール不要でブラウザ上で図面を簡単に作成できる。もちろん無料。

早速、図面作成。いや、待てよ。カメラの大きさどうやって測る?3Dプリンターはあるけど3Dスキャナはない。ここは定規とノギスで実寸測るしかない。

コツコツ測ってなんとか図面ができた。早速STLファイルをダウンロードしSCOOVOに読み込ませる。ふむふむSTLからGコードを作成するのか。ドキドキしながら印刷開始!

出来上がったのがこれ

cap

おお~思ったよりいい仕上がりだ。チョコみたい。ちょっとブカブカだけど。こんな簡単にできるのか~

でもこれじゃ浅くて風で飛ぶんじゃないか?という意見もありまたコツコツと図面を手直しする。より深くした2代目雨天キャップがこちら

cap2

深くなってより安定した。水をかけても大丈夫。見た目?アメリカの大学生っぽいねという意見が多い。なるほど、製品化するにはもっと見た目も良くなければいけないのね。その時はこれが一番いい!と思っても出来上げるとここはこうしたほうが良かった、ここはこうするべきだって改良点が見えてくる。何回も何十回も繰り返してやっと製品になるんだな~と実感。

ここで少し変わってSG-007のアクセサリーに取り掛かる。実はSG-007はセキュリティボックスがないため本体下部のSDカードスロットから抜こうと思えばSDカードを盗まれる恐れもある。じゃあ本体下部を覆うカバーがあれば抜けなくなるってことで作ったのはこれ

sg007case

背面にストラップかパイソンロックでカメラに通して樹木に固定する形状のためこのカバーで一応はSDカードが抜けなくなる。ACアダプターも使えるよう下部に穴を開けた。そこから溜まった水も抜ける。ただ耐久性とかは実験しなければわからない。

この図面は30分ほどで完成した。便利な時代だ。

その後、またキャップを改善。より製品っぽく丸みを持たせ、よりしっかりカメラにフィットするよう精密に採寸し図面に反映させた。

roof

お~これは完成度高い。そして試作品3つを並べてみると進化してるな~と自画自賛。もちろん改良点は多々あるけど外注しないで事務所でここまでできるのであれば発想が形になりその形からさらなる発想が生まれる。もちろん導入コストはかかるけどそれとは比べ物にならない効果が3Dプリンターにはあるような気がする。素人の僕でもここまでできたので。

自宅にも欲しいな~

動物カメラ自作ケース:ユーザー事例2

2012年7月9日

カニ太郎

うちでオリジナルで作成した動物カメラ用ケースのトピックを掲載したところ、「私もこんなの作りました!」とレポートをいただいたのが

動物カメラ自作ケース:ユーザー事例1

でした。

そしてまたまたユーザー様より自作ケースを紹介していただきました!

「荒野の暇人」様製の自作ケースはこちら!

niwa12.06.23 022

凝ってます。かっこいいです。実用性高そうです。

さらに荒野の暇人様は惜しげもなく材料、作成手順を公開してくれました!

使用する材料はこちら

niwa12.06.23 033

(1)100円ショップでタッパー(70×135×185)と300ミリの結束バンドとホームセンターで購入した幅30ミリのすきまテープ(合計308円 塗料代は含まず)

というコスパの高さ。以下作成手順とコダワリです。

(2) タッパー本体側にレンズ・センサーの形に応じた穴を開ける。内側と蓋にすきまテープを貼る。本体下部に水抜き用の穴(直径8ミリ)を3個開る。←これが重要

niwa12.06.23 031

(3)(4) タッパーに迷彩色塗装をしてタッパーに挿入。蓋に結束バンド用の穴を4ヶ所。

niwa12.06.23 030

(5) 砂防林の枯れた黒松に蓋を固定し、本体をはめ込む。塗料は白、黒、赤、緑の4色でグレーや茶色等も作れる。

niwa12.06.25 054

(6) 家屋の白壁に取り付ける為に白塗装をしたケースも試作。家屋側から対面方向の花園を撮影するためにタッパー本体を壁に固定し、蓋側に穴を開ける。本体はポリプロピレン製で硬く、蓋はポリエチレン製なので簡単にカットできます。またセンサーの上下角の調整のため添え木に角度をつけた。

niwa12.07.07 070

(7) カメラはすきまテープと蓋で固定され落下する心配はない。以前この場所にはダミーカメラが設置されていた。

niwa12.07.07 071

(8) 花園側からは家屋に設置されたカメラを監視する定点カメラを巣箱の中に設置。

niwa12.06.14 007

どうですか!

そう、荒野の暇人様は防犯目的でLtl Acron 5210Bを使用しいているため設置場所によって人目からカモフラージュする

ことが重要となってきます。白い壁には白いケースを、樹木にはカモ柄をと徹底したこだわり。

しかも以前書いた

センサーカメラLtl Acorn 5210A雨天ケースを自作してみた

での重要な点

1.前面に何も貼らない、置かない・・・センサーが誤探知を起こすようなビニールなどは貼らない。結露時曇って画像もボヤケます。

2.雨が抜けるような構造にする・・・前面が開いているので雨がケース内に入るのはしかたないこと。入った雨がカメラに浸からず抜けることが大事。

3.取り付けのことを考える・・・今回はパイソンロックを使用し樹木に固定することを前提としてケース。マウントは使用不可。

を全てクリアしています。

さらにすきまテープを有効活用。これによりカメラがケースに固定され安定感が増します。しかも雨にも強そうです。

すきまテープか・・・メモメモ

実はタッパーを利用して自作している人、結構いるんです。大きさが選べるのがいいんですよね~

まだまだ自作ケース案を大募集!荒野の暇人さんに負けない雨天ケースをドシドシお寄せください!!

メーカーで作れよって話ですが望みがあまりないので自作しちゃいましょう!

動物カメラ自作ケース:ユーザー事例1

2012/6/27

カニ太郎

先日、書いた

センサーカメラLtl Acorn 5210A雨天ケースを自作してみた

を見ていただいたユーザーからうちではこんなの自作しました!といううれしい連絡がありました!

Ltl Acron5210Bのユーザーで「ハンドルメード」様からの投稿です。

その自作ケースはこちら!

P1010134

そう、2リットルのペットボトルをカットしただけ。これぞ究極のエコケース。コスパ最高。

実際に設置してみると

P1010137正面から

正面から見てみるとカメラの幅より狭くカットしているのがわかります。こうすることで前からカメラが落ちることはなくなります。

また台形にカットし下側を広くすることでセンサーにケースが被っていません。

P1010136横から

以下ハンドルメード様のこだわり

・必要なものは2L入り空きペットボトルとカッターだけです。

・カットする面は幅の狭い方です。

(カメラの幅よりケースの方が狭くなるので、ケースの前後を手で押しながら上からかぶせ、手を離すとしっかり固定され動かなくなります。)

・カメラを支持物に固定したままメンテが可能なのがいいかなーと思っています。(夕方鹿の出る山にセットしてきました。雨が早く降れ・・・)

確かにこのケースは下部が開いているのでSDカードの取り出しが可能。

というか上からケースを被せカメラの突起に引っ掛けているだけなので簡単に取り外しができる理想的な状態です。しかも防水性バツグンでしょう。

これから効果のほどを検証していただけるとのことで続報を期待しましょう。

ハンドルメード様に負けないような自作ケース作りました!というご連絡まだまだお待ちしております!!

センサーカメラLtl Acorn 5210A雨天ケースを自作してみた

2012年4月11日

カニ太郎

IMG_0063

GIShopでも大人気の野生動物カメラLtl Acorn 5210A/5210Bの雨天ケースはないのか・・・。

良くお問い合わせいただくのですがメーカーでも取り扱いはありません。何度もメーカーには雨天ケースを作れと催促しているのですが気候がまるで違うアメリカではあまり需要がないようでいつまで経っても良い知らせはありませんでした。

このメーカーに限らず野生動物カメラは野外で使用するにも関わらず防水性能はあまり高くありません。そして雨天ケースを取り扱っているメーカーもないのが現状です。世界的にみると日本はそれほど大きなマーケットではないのでしょうか。なんとか自作できないものか・・・。ユーザーによってはタッパーをくりぬいたり、屋根をつくったりいろいろ工夫して使用しているのですが、その情報をGIShopから発信すべき!と考え自作してみました。

一アイデアとしてご参照ください。

使用する材料は

IMG_0043

これ。2リットルの角ビン(プラスチック)。ホームセンターで300円ほど。車のウォッシャー液が入っているのと同じだと思います。コメリで購入可。

これをLtl Acorn 5210Aの大きさに開口します。まず下書き。線に沿ってカッターで切ります。幅は9cmです。

追記:サイドセンサーまでの幅(6mくらい)で開口することでカメラが出てこれなくなり落ちなくなるのでそれでもいいかもしれません。

IMG_0045

切ってから気づきましたが上側4cmを短くします。

IMG_0046

そして前側をビンの中に倒します。

IMG_0047

こんな感じでLtl Acorn 5210Aがすっぽり入りました。

そして横側にパイソンロック用の穴をあけます。

IMG_0053

このビンの良いところは「水抜き」があるところ。雨がケース内に入ってもカメラに浸かることなく下から抜けます。

IMG_0051こんな感じになりました。

IMG_0055

ここで注意しなければいけないのがケースの奥までカメラを入れてしまうとLtl Acorn 5210A自慢のサイドセンサー範囲が狭くなること。

IMG_0059

なので前面ギリギリの位置に固定します。

横から見るとこんな感じ

IMG_0057

カメラの裏側はなにかクッションなど入れて奥に行かないようにするのもいいかもしれません。

ただこれだと山林内では目立ちますのでお好みでカモフラージュします。

IMG_0060

前面に両面テープを貼って

IMG_0061

迷彩ブラインドを少し切って貼っていきます。

そして完成です!

IMG_0063

下から見るとちゃんとケース内に入った雨が抜けるようになっています。

IMG_0065

DSC_0114

山林に設置するとこんな感じ

DSC_0110

このケースが最良の方法とは思いませんがケースを自作するうえで気を付けなければいけない点は

1.前面に何も貼らない、置かない・・・センサーが誤探知を起こすようなビニールなどは貼らない。結露時曇って画像もボヤケます。

2.雨が抜けるような構造にする・・・前面が開いているので雨がケース内に入るのはしかたないこと。入った雨がカメラに浸からず抜けることが大事。

3.取り付けのことを考える・・・今回はパイソンロックを使用し樹木に固定することを前提としてケース。マウントは使用不可。

うちではこんなケースを自作しました!みたいな案があればぜひぜひ画像をGIShopまで送ってください!良い案をみなさんで共有できたらこんなにうれしいことはありません!!