ちょっといいモノ  カメラ用ACアダプターの紹介

2013/9/13

byボリボリ

今週は、東川町周辺はなま暖かい日が続きました。

お天気が安定したので自転車で2日だけ通勤しましたが、まだハーフパンツでいけます。心配なのが帰りの日没の早さです。家に着くころには真っ暗なので、できるだけ白い服を着て、車に自分の存在をアピールしています。

北海道の道路は自動車が結構なスピードを出せますのでそんな車と接触したときは自転車の私はジエンドです。できれば、電飾ジャケットを着たいくらい、車道を自転車で走るのに恐怖があります。恐怖がありますが、自転車通勤の楽しさがそれを上回っているかもです。たまに虫がのどに飛び込みますが、大丈夫です。死にません。

さて、今日ご案内するちょっといいモノは、カメラ用ACアダプターです。
対応するカメラはBMCシリーズ(SG968K-10MSG560P-8MSG860C-8MSG565F-8MSG560DSG570-6M)と HGC SG-007です。

外部電源ポートの位置
外部電源ポートの位置(6個しか写ってませんが7機種に対応)

実際にそれぞれ、ここにつきます(↑)。気をつけることと言えば、いずれのカメラも本体の底面に電源ポートがありますので設置の時はとカメラの底面側にスペースが必要になることぐらいです。

左上:968K、560P、560D 左下:565V 右上:570V 右下:SG007
左上:968K、560P、860C、560D  右上:570
左下:565F    右下:SG-007

動画撮影の場合は、電池の残量が減ると同時に供給電圧が下がりカメラの機能が1回の撮影時間を設定より短くし、より長期間の撮影をしようとし始めます。
昼間は、ある程度続けて設定どおりの時間で録画を保存しますが、夜間撮影のときは、フラッシュを発光する分だけ電圧を必要としますので、昼間よりも比較的早いタイミングで、動画が短く保存されるようになります。

AC電源を利用するとそういった問題を解消できます。
あとはSDカードの空き容量を気にするだけです。

以上、今日のちょっといいモノ(第一弾)は、カメラ用ACアダプターでした。
ところで、第二段があるのでしょうか・・・。

HGC SG-007 自動撮影カメラを室内に置いてみる

6月11日

By ぼりぼり

000

連日の快晴で、毎日自転車通勤しています。昨日は帰宅の途中で、全身黄緑色の本格派ライダーと出会いました。自転車もお体も細くそして、空気を切るようにはいスピードで私を追い越しそしてあっという間にエンドウ豆のように小さくなり、やがて見えなくなりました。

”ぴ~ひょろ~” といういつもここらへんを飛んでいるトンビが

「ちょ~はえ~!」

と言っているように聞こえました。(おわり)

オチのしっくりこない話にずいぶんの行数を費やしてしまいました。

さて、新発売のSG-007は弊社で扱っている自動撮影カメラのなかでは、かわった形のカメラです。

平らな面に置くことのできる形状のカメラは、いまどき珍しいです。

001
干支の置物といっしょに置けます

これから、アウトドアのシーズンに突入してお出かけが多くなると思います。外出中の見張り役としてカメラを一台置いておくと、盗難の一部始終を記録しておくことができます。

農家の重機や、農機具、資材置き場、倉庫などなど警告灯やセンサーライトだけでも抑止効果はあるのかもしれませんが、被害にあったことのある場所では、再び訪れる侵入者を記録すると、その侵入が何時頃だったかも残りますので、お試しになってはいかがかと思います。カメラの設置場所や向きは、ベストポジションをすぐに見つけられればよいですが、少しの試行錯誤が必要かもしれませんが、いったん決まってしまえば、その後にすることはあまりありません。何かあった時に、SDカードのデータを見るだけです。

またSG-007は、これも他のカメラとは違う点なのですが、記録されたデータでSDカードのメモリがいっぱいになると、記録をやめることなくもっとも古いデータに上書きをします。

室内や屋内での設置では、コンセントから電源を引けば普段はとくにSDカードの容量や電池の残量を気にすることなく、継続的に使用できます。電源ポートは、本体の底にあります。

002背面のカメラネジ

コンセントから電源を引く場合は、背面のカメラネジとゴリラポットのような台を利用すると良いかもしれません。

004たとえば、ゴリラポットを使って外部電源を利用(はっきよーい!)

005高いところに設置(やっぱり、はっきよ~い!)

006絡みつけてもOK

以前ビニールハウスから農業用の重機を盗んだ犯人が、カメラの向きを曲げていたとあります。

そうされないためには、高いところに設置する、わかりにくい設置場所を選ぶのが良いと思います。

SG-007でムクドリのガンクビをゲット

2013/5/17

By boribori

やっと温かくなってきました北海道で、うっかり風邪をひいてしまいました。

とてつもなく寒い我が家ではなく、暖かいところが全然なかった体育館でじっとしていて翌々日に発症です。

年をとると、筋肉痛のように風邪をひく時も一日ずれこむものなのでしょうか。・・・ため息が出ちゃいます。

さて、我が家の納屋の壁の隙間にちょくちょく鳥がうろうろしているので、SG-007で撮影してみました。ターゲットから2m程度の距離でのHD動画は悪くありません。

YouTube Preview Image

ムクドリさん(最初の40秒程)

鳥は早起きですね。と思っていたら、昼にもいたんです。私は納屋で作業中でしたが、驚いて逃げたんですね。

一瞬です。(2秒~5秒ぐらいの間だけ)

YouTube Preview Image

ムクドリさん、巣から飛び出す

1分間の動画を撮影していましたが、鳥は1分もとどまらないようです。

いつも必ず現れる場所にカメラを設置すると、撮影に成功するようですね。

鳥は動きがとても速く、飛んでいるところをとらえるのは難しいと思います。

音も比較的クリアですので、鳥のさえずりがよく聞こえますし、車の音も拾います。

ニューフェイス!SG-007 待望のIP66そしてHD動画

相変わらず寒々しい北海道は東川町より、しばらくぶりの更新です。
当社のお客様よりキツネの動画をお寄せいただきました。
これが、ものすごくかわいらしいのです。
2分の動画をYouTubeで公開させていただいていますが、再生中に何度か一瞬、黄色い文字が現れます。
これは使用されているカメラで撮影された動画の最初のコマに表示されます。
あいにく現在販売されているカメラではないのですが、そのカメラで動画を30秒間撮影し、4つの動画ファイルをつなげて再生しているようです。
このタイムスタンプの時刻を細かく見てみると、最初のファイルから順に
14:21:49
14:27:37
14:28:19
14:29:10
この4つのタイムスタンプを30秒ごとに確認することができます。
つまり、時間軸的に下のような時間間隔で撮影された動画をつなげたことになります。
閲覧していてもそれほど切れ目も気になりません。
2つ目の動画が撮影されるまで5分かかっていますが、その間は最初から登場しているキツネの動きが少なかったのだと推測されます。
このように一連の動きを連続してみることができるように工夫することができるなんて感動です。
さて、最近ぼちぼち登場し始めているHD動画対応の自動撮影カメラですが当社でも、なかなかの動画が撮れるカメラを扱い始めました。
SG-007といいます。倉庫などに設置しておくと防犯向けになります。フラッシュも見えませんので背景を黒くしておけば、設置に気付かれることはなさそうです。
このカメラの特徴は、カメラと気付かれにくい形状もさることながら、防水であることです。IP66とされています。
弊社で扱っているカメラは、屋外での長期の設置に耐えられるものではありますが防水のIP規格を取得しているものは、ありませんでした。
ついに、そのあたりに力を注いだカメラを扱うことになりました。
また、これも今後も登場する自動撮影カメラの流れなのですがHD動画に対応したり、動画撮影時間がより長く設定可能であったり、静止画では連続撮影枚数がより多く設定できるようになっております。
このSG-007では、静止画は9枚まで連続で撮影ができますし動画の撮影時間は5分まで可能です。ただし長時間の撮影をする場合は外部電源を使用する必要があります。
HD動画は、さすがにデータ容量が大きいので大容量のSDカードを使用した方が良いです。
HD動画→1280x720pxで日中のカラーだと30秒で70~80MB程度、夜間の白黒は40~50MBぐらい
VGA動画→680x480pxで日中カラーだと30秒で30~40MB程度、夜間の白黒は20MBぐらい
でした。このカメラも他のカメラと同様に電池の容量が少なくなると動画の撮影時間が設定より短くなり、少しでも長期間の撮影ができるよう動作します。
試しに屋外で撮影しましたが、残念ながらキツネが来てくれませんで人ばかりが撮れました。車にもセンサーが反応しています。
不法侵入の監視および取締まりなどの防犯向けには大丈夫そうです。

5月9日

byボリボリ

相変わらず寒々しい北海道は東川町より、しばらくぶりの更新です。

当社のお客様よりキツネの動画をお寄せいただきました。これが、ものすごくかわいらしいのです。這って歩くと雪に埋まらないのでしょうね。

YouTube Preview Image

2分の動画をYouTubeで公開させていただいていますが、再生中に何度か一瞬、黄色い文字が現れます。

これはBMC SG560P-8Mで撮影された動画の最初のコマに表示されます。

そのカメラで動画を30秒間撮影し、4つの動画ファイルをつなげて再生しているようです。

このタイムスタンプの時刻を細かく見てみると、最初のファイルから順に

14:21:49

14:27:37

14:28:19

14:29:10

この4つのタイムスタンプを30秒ごとに確認することができます。

つまり、時間軸的に下のような時間間隔で撮影された動画をつなげたことになります。

kitsune4

閲覧していてもそれほど切れ目も気になりません。

2つ目の動画が撮影されるまで5分かかっていますが、その間は最初から登場しているキツネの動きが少なかったのだと推測されます。

このように一連の動きをワンステップで閲覧できるようにできる感動です。

ここですね・・・(こめかみに人差し指の先を近づけています)。

さて、最近ぼちぼち登場し始めているHD動画対応の自動撮影カメラですが当社でも、なかなかの動画が撮れるカメラを扱い始めました。

SG-007

HGC SG-007といいます。倉庫などに設置しておくと防犯向けになります。フラッシュもほとんど見えませんので設置に気付かれたくない用途に向いています。

このカメラの特徴は、カメラと気付かれにくい形状もさることながら、耐水型であることです。保護等級 IP66とされています。

弊社で扱っているカメラは、屋外での長期の設置に耐えられるものではありますが、ここまでの製品はありませんでした。ついに、そのあたりに力を注いだカメラを扱うことになりました。

また、HD動画に対応したり、動画撮影時間がより長く設定可能であったり、静止画では連続撮影枚数がより多く設定できるようになっております。

このSG-007では、静止画は9枚まで連続で撮影ができますし動画の撮影時間は5分まで可能です。ただし長時間の撮影をする場合は外部電源を使用する必要があります。

HD動画は、さすがにデータ容量が大きいので容量の大きいSDHCカードを使用した方が良いです。

HD動画→1280x720pxで日中のカラーだと30秒で70~80MB程度、夜間の白黒は40~50MBぐらい

VGA動画→680x480pxで日中カラーだと30秒で30~40MB程度、夜間の白黒は20MBぐらい

でした。このカメラも他のカメラと同様に電池の容量が少なくなると動画の撮影時間が設定より短くなり、少しでも長期間の撮影ができるよう動作します。

試しに屋外で撮影しましたが、残念ながらキツネが来てくれませんで人ばかりが撮れました。車にもセンサーが反応しています。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

不法侵入の監視および取締まりなどの防犯向けには大丈夫そうです。