SHOT Show 2017

             2017年1月26日

かんちゃん

先日、ラスベガスで開催されたSHOT Show 2017に参加してまいりました。

SHOT Show 2017の入り口。初日の受付もすごい人数でした。

 

SHOT Showは銃火器を中心とした展示会ですが、ハンティング用品も展示されています。弊社でも自動撮影カメラなどハンティング用品を取り扱っているため、新製品が無いか、何か珍しいものが無いかなどを探してきました。日本の展示会と異なり、かなり規模が大きいため、ブースを全て回るだけでも一苦労でした。

1階の中心通路。大小さまざまなブースが並びます。

 

自動撮影カメラのブースは何社か出ており、弊社で取り扱っているカメラのメーカーもちらほらありました。出展はせずに、参加のみしているカメラメーカーもありましたので、ご挨拶と今後の流れなどを打合せできました。

自動撮影カメラのブース。

 

その他にも使えそうなハンティング用品や、弊社のシステムに繋ぐことができそうな製品などをピックアップしました。

奥が深い、ハンティング用品の数々。

こちらはカモのデコイ。リアルです。風で羽ばたくモデルもありました。

 

2階は大型のブースが集まっていました。小型のヘリコプター?や巨大な銃など、迫力ある展示も見られました。

ヘリらしきもの。

 

映画のセットのような銃。

 

小型の銃やライフル銃などは手に取ってみましたが、かなり重量がありました。実銃(といっても弾は出ませんが)を触る機会などそうそう無いため、貴重な経験になりました。文化の違いですね。

 

片手で銃をバンバン撃つのはフィクションだなぁと思いました。実際は重くて持てません。

展示会では色々な衝撃を受けましたが、全て書いていてはキリが無いため、この辺で。

ラスベガスの街も見て回りましたが、こちらも衝撃を受けましたのでいくつかご紹介します。

ラスベガス!(ニューヨークではありません)快晴でした。

ラスベガスと言えばカジノですね。カジノの内部は写真撮影ができませんので、外側を撮ってきました。ホテルの規模も半端でないほど大きく、煌びやかでした。カジノ自体は嗜む程度に遊んできました。こちらもなかなかできない体験で、とても興味深かったです。

ダウンタウンのカジノ。パフォーマーも数多くいました。

 

巨大ホテル。手前の池では噴水ショーが行われます。

 

ご飯もラスベガス(アメリカ)らしいものを食べてきました。最初は良かったのですが、段々脂っこくなってきて、後半は野菜とか果物とか、あっさりしたものが食べたいなぁと思っていました。

少し高級なハンバーガー。肉がジューシーで美味しかったです。量も多すぎず。

 

ピザ!手ごろな価格で食べやすかったです。ただ、量が多かった・・・。

 

そして個人的に気になっていたのは、海外で食べる日本食です。ちょうど良い店があったので注文してみました。

お寿司!海外でも食べられるものなのですね。

 

味は日本とあまり変わりなく、おいしく頂けました。巻き寿司は海苔が外側に来ていてほしかったというのと、キュウリ(アボカド?)が柔らかかったので、硬いキュウリの方が好みだなぁといったところでした。

 

SHOT Show、ラスベガスとも面白い体験ができ、あっという間の出張となりました。また機会があれば行ってみたいと思います。

 

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。

 

弊社で取り扱っております自動撮影カメラなどは、以下の弊社WEBページをご覧ください。

■GIShop(ジーアイショップ)


http://www.gishop.jp/