ArcGIS for iPhone~この秋リリース予定

2010年7月8日

めがね

ちょっと?かなり?前に、ArcGIS for iPhoneのリリースが発表されました。ネタ古いです…

今さらながら、iPhoneと言えば、新OSのiPhone OS4が搭載されたiPhone4もリリースされ、飛ぶ鳥を落とす勢いのスマートフォンです。私、持ってないですけど…orz

iPhone4

          持ってないので、Appleのホームページから

そんなiPhoneにArcGISアプリが登場するのです。

iPod touch とかiPadでも使ってみたいですねぇ~ タッチパネルでグリグリとGISやってみたいですねぇ~

iPad

          もちろん持ってないので、Appleのホームページから

touch

   これは持ってる。もちろん自分の。OSはiPhone OS4にupgしました。

   フォルダができる~マルチタスクができる~ウララ~

   宣伝みたくなってきました…宣伝するからiPhone4とiPadください。

そんなワケで、ArcGIS for iPhoneの気になる中身をGCFで情報収集してきました。GCF…もう2か月も前ですが…時がたつのは早いものですねぇ

まずは気になるお値段です。GIS=お高いイメージがありますが…なんと”タダ”です。Apple Storeからダウンロードで入手することになります。太っ腹です。リリース時期についてはまだ未定とのことですが、ArcGIS10のリリース頃のようなので、日本では10月頃でしょうか。アメリカでは夏あたり…

今か今かと待ちわびる今日この頃。

それでは、このアプリ、何ができるのでしょうか?ArcGISの名を冠しているので、さぞ多機能なのかと思っていましたが…マップ表示、GPSとの連動、属性情報の表示、検索 …んっ、これってGoogle Earth?ジオプロセシングとかはどうするんでしょ?

ここで、登場するのがArcGIS Serverです。

どうやら、データや処理ツールをArcGIS Serverにアップしてから、ArcGIS for iPhoneで利用するようです。ですので、iPhone側ではデータを保存せず、ほとんどの処理がオンラインで行われるようです。

ちなみにマップはArcGIS.comからオンラインでBing Mapなどを表示させるようです。クラウドの申し子のようなGISアプリです。

あと、ArcGIS API for iPhoneが公開されるので、アプリを作成してApple StoreやiTunesで配布できるみたいです。

世界で約3000万人いるであろうiPhoneユーザーが、どんなアプリを作ってくれるのか。楽しみです。誰か楽しいアプリ作ってください。

image

         こんな感じの表示になるようです。ESRIサイトより

ただひとつ、気になることが。

常時オンラインでの使用を想定したアプリのようですから、このままだと電波の届かない田舎で使えないです。オフラインでも使えるようにしてください。野帳的な使い方をしてみたいです。田舎者でも使えるようにしてください。ESRIサマ

リリースされたら、私のiPod touchでも使えるかテストします。すぐやります。もしかしたら明日あたり…

カテゴリーESRI