Lascar社USB温湿度ロガーとWatchDogデータロガーとKestrel風速計を比較してミタヨーという話

2009/3/17
ヤンピン

みんさんお元気ですか?ヤンピンです!
長いタイトルですが下記3機種で温度と湿度を記録しただけです。

gi090317_01Lascar(ラスカル)社のUSB温湿度ロガー『EL-USB-2-LCD』
 USBポートがウレシイ♪
 記録開始時間を設定できるのも便利です。
 設定温度/湿度範囲を超えるとLEDで教えてくれます。
 低価格ながら13,379データを記録。

gi090317_02Spectrum(スペクトラム)社の気象用ロガー『WatchDog 450
 温度と湿度センサー内蔵、外部ポートも2つアリ。
 土壌水分など豊富な外部センサーを選べ、人気の商品。
 56 x 40 x 19mmのコンパクトサイズで15,000データを記録。

gi090317_03Nielsen Kellerman(ニールセンケラーマン)社の風速計『Kestrel 4100
 登山から空調管理まで幅広いニーズに応える多機能風速計。
 風速は勿論、温湿度以外にも体感温度、熱指数、露点・風量まで測定・記録します。
 本体の画面で最小・最大表示機能やグラフで確認できるのも便利♪
 防水(IP67)で水に浮く仕様はgood jobと褒めてあげたい!

それぞれログ間隔も選べて、ソフトでの設定もシンプルです。Kestrelに至っては本体で設定可能です。
ログしたデータはソフト上でグラフ表示されます。
テキストファイルなどで出力できデータ管理も簡単便利♪

さて早速記録した結果を見てみましょう。
1セット24時間ほどを2箇所の場所で記録してみました。

~1回目~
場所:対面キッチンの棚(床からの高さ1.1m)
開始時間:19:30~

※グラフ・表はクリックで拡大されます。gi090317_04

gi090317_05

USBロガーとKestrelはほぼ同じ値ですが、WatchDogが少し低めの値を記録しました。
会社の建物はパネルヒーター採用のスウェーデンハウスなので暖房は切らずに設定を低くして帰ります。温度はあまり変化ありませんでしたが、人がいなくなり湿度が下がっています。朝7:30から湿度が上がってきます。

~2回目~
場所:弊社別部門の建物の棚の上(床からの高さ1.8m)
開始時間:正午~

gi090317_06

gi090317_07

歴史ある隙間風だらけの建物+FF式(って知っています?) 灯油ストーブという設備の特徴がよく出ました。
この日は19:30頃にストーブを切ったのでしょう。急激に温度が下がっています。
朝7:30から灯油ストーブが燃え始め10:00には37℃越え!
湿度も急下降。見ていて喉が渇きます。
加湿器の必要性が数字で証明されました。

3機種の比較ですが、温度のグラフはきれいに重なっています。
湿度は交差している点が多いです。

浴室などで実験したい気もしますが、会社備品を壊す勇気はないので今回はこれだけでお終いです。
こっそり実験ができたら追って報告します。