哺乳類学会大会in宮崎に出展しました!

2011年9月15日

カ二太郎

9月9日~12日に宮崎市内で開催された哺乳類学会大会に今年も出展しました。

IMAG0001

去年もですが哺乳類学会は規模がデカイ!

しかもポスター会場にブース設置させていただいたので会場はなかなかの人通り。

うちのブースは雑貨屋さん並みに一番ごちゃごちゃしている迷彩だらけのあやしいブース

IMAG0004

この日のために作成したカタログも数百部!が完売(無料です)

デジタル版の動物調査機器カタログはこちら→

かなりたくさんのお客様に来ていただいたので口頭発表など聞けなかったのが残念でしたがそれでもこのカメラはここが良い!ここが悪い(><)などユーザーの意見をちょうだいできました。昨年初めて出展させていただき今回で2回目ですがずいぶんとうちからご購入いただいたユーザーが増えたものだと実感。大変感謝です。

実際にハンティングしている人に好評だったリアクションカム

moultrie_react撃つ瞬間を鮮明に記録!

IMAG0005

二日目以降は天気も回復し道民にはキツイ暑さでした。

そして今回は懇親会にも参加させていただきその会場の広さと人数にビックリ!

結婚式場のような規模で参加者はなんと360名くらいとのこと!

IMAG0008

さらにさらに協賛であの霧島さんも来ていました!さすが宮崎!

普段、焼酎は飲みませんがこの時だけはおいしくいただきました。

IMAG0006

他にも宮崎名物 地鶏や県産のお酒など充実したラインナップで大満足!

勉強になっただけではなく宮崎の旨味を満喫できた展示会でした!

おまけ

懇親会に行く途中のまだ日も落ちていない18:30ころ、まだ外は薄暗い程度だったのですが空にはたくさんの「何か」が飛んでいました。

スズメ?いやもっと小さい。蛾?もっと大きい。

って良く見るとコウモリ!!!

むちゃくちゃ興奮して周りの人にコウモリ飛んでますよ!って言ってみましたが「イエコウモリだよ」って冷静に返された。どうやらイエコウモリは九州だけではなく本州でも普通にいるようですね。。しかもまだ明るいのに。北海道ではコウモリ探すの大変なのにこんなに身近にいるんですね~いいな~。うちのバットディテクターの実験とかするのに仕事終わってから夜、山奥に行ってるのに・・・。てことで北海道の人はコウモリ見たことない人多いんです。

コウモリフェスティバルに出展しました

2011年8月5日
カ二太郎

IMG_0228

7月17日、18日に山形県の櫛形山で開催されたコウモリフェスティバル2011に企業出展させていただきました!

GIShopでもコウモリ探知機 SSF BAT2を取り扱ってからスタッフ2名がコウモリの魅力にどっぷり。そのうちの1名のカニ太郎が行って参りました!

IMAG0005コウモリの標本

IMAG0003ヨダレもののコウモリグッズ

GIShopブースは入口正面の長テーブルをお借りしてトレイルカメラ各種、バットディテクターを展示。なんかさみしいブース。

IMG_0229カタログはほぼ完売(無料)でした!

このコウモリフェスティバルの魅力はその道の専門家の講演が聞き放題のところ!

まだまだコウモリについて勉強中の僕にもとてもわかりやすく説明してくれました。

ウサギコウモリはかなりかわいい。

IMG_0235

コウモリ観察会もありディテクターを使用しヤマコウモリなど観察できました。

実際にコウモリを捕えるためのワナも展示し説明していただきました。

持ち運び簡単な楽器のハープのようなハープトラップというワナは今後、GIShopでも販売するかも!?

IMG_0236

二日目の懇親会ではチャリティーオークションを開催。

実はGIShopのバットディテクターSSF BAT2もオークションに出品!

このオークションの最高額で落札されました!それでもお得な価格。

このオークションはチャリティーオークションなので落札額は全額コウモリ保護基金として役立てられるようです。

次回はなんと軽井沢で開催!来年もきっとGIShopは参加しますよ!

たきかわ環境フォーラム様主催の「エコカフェ」に商品展示しました。

6/25に滝川にある「森のかがく活動センター」で5月~10月まで毎月開催されている「エコカフェ」に主催様のご好意により商品を展示し参加してきました。

主催:たきかわ環境フォーラム

今回の講師は第3回田淵行男賞を受賞いたしました写真家の中島宏章さんです。

写真集『BAT TRIP~ぼくはコウモリ』(2011年、北海道新聞社)

IMG_0009

今回の講演タイトルは「ぼくはコウモリ」です。

実は前日、ある調査に同行させて頂き生まれて初めてコウモリを触ったんです!

ホントは怖かったらどうしよう・・・なんてひそかに思っていたんですが

実際に触れると、めちゃくちゃかわいいんです!!

そんなんで、まだ興奮が冷めていない私は2日間コウモリに心を奪われっぱなしです。

コウモリは全国に37種類います、その中の19種がなんと北海道にいるそうです。

こんなに身近にいるのにコウモリに無知でした。(ごんめんね・・コウモリ)

北海道に生息しているコウモリのほとんどが小型です。

そのコウモリについて楽しく、分かりやすく中島さんはお話をしてくださいました。

出席されているみなさんも楽しく聞き、質問されていました。活気のある講演会です。

IMG_0014

IMG_0012

コウモリの生態などを調べる際に大活躍するのがバットディテクターという機器です。

通常コウモリは超音波を発して周囲の状況を把握して飛んでいます。

コウモリの大好物、飛んでいる虫を食べるときにも、超音波の返ってくる音の違いによって

近くに獲物がいるなどの判断をしています。

これをエコロケーションと言うそうです。

コウモリにより発する周波数は異なりますが、50~70khzを発するコウモリが多いようです。

このコウモリの声(超音波)を人間の耳に聞こえる音に変換してくれるのがバットディテクターなんです。

コウモリ探知機 SSF BAT2 バットディテクター

ssf2

このディテクターは合わせた周波数の他に15~130khzまでの周波数をリアルタイムで

受信することが可能な画期的なデジタルタイプのディテクターです。

皆さんもディテクターを使って身近にきっといるコウモリの声を聞いてみませんか?

感動しますよ、たぶん。

講演が終わり出席者にサインをしている人気者の中島さん。

ここでもコウモリ談議に花が咲いています。

楽しいひと時を、ありがとうございました。また宜しくお願いします。

IMG_0015

今後の予定です。

来月の17、18日に行われる「コウモリフェスティバル」へ参加、出展いたします。

koumorifesta2011

参加される皆様どうぞ宜しくお願い致します。

バットディテクターSSF BAT2を使ってみた

2011年6月27日
カ二太郎

バットディテクターSSF BAT2の実験も兼ねてオサラッペ・コウモリ研究所様と
コウモリ調査に同行させていただきました。

場所は旭川市東鷹栖町の突哨山。
数種類のコウモリが暮らしている自然豊かな場所です。
DSC_00021はりきって出かけます。

DSC_0008

こんな林道に捕獲用ネットを両サイドに仕掛け日没を待ちます。

ネット付近にトレイルカメラ NT505210Aを設置。
DSC_0013NT50はストラップを持っていくのを忘れ梱包テープで固定

DSC_00145210Aは付属のストラップでしっかり固定

あとはコウモリが飛ぶのを待ちます。
待っている間、コウモリの会が出版しているコウモリ識別ハンドブック改訂版でお勉強。
ハンドブックも勉強になりますがオサラッペ・コウモリ研究所 出羽先生、清水さんから
コウモリに関するいろいろなことを教えていただいた。初心者の私たちにとってどれもためになり貴重な時間をいただきました。

辺りが暗くなってきた頃、ディテクターに「トトトッ」という音が!
まるで気づかない私たちに「今飛んだよ」と教えてくれる清水さん。

それから20分ほどトトトッという音はなかったが清水さん曰く最初に偵察隊のように
一羽が飛んで様子を伺うような行動は良くあることのようだ。

しばらくするとまたトトトトトッとディテクターから聞こえた!
SSF BAT2ではフリクエンシー機能でピーク時、約50Hz付近を拾っている。
「ヒメかな・・・」と清水さん。・・・ヒメ?メス?

これがコウモリの音!その感動の瞬間が・・・・これだ!

清水さん曰く所持していたMINI3よりSSF BAT2の音はかなりきれいだとのこと。
素人の私が聞いていても確かに音割れなくSSF BAT2はきれいだった。

それから30分ほどで捕獲ネットを見に行くと、いたっ!
ネットでもがいているコウモリが2匹!!
ヒメホウヒゲコウモリは小さい種類のせいか、かなり可愛らしかった。
DSC_0051

警戒している音なので周波数は50Hzではない。少し動画を撮らせてね。

DSC_0024
捕獲したコウモリたちは身体検査して記録し、羽に小さなリングをはめます。
DSC_0052
その後、元気な1匹にテレメンタリー発信器(重さわずか0.25g!)を取り付け野へ返します。

さてトレイルカメラたちはこの小さなコウモリを感知し撮影しているのか。
画像を確認していると内蔵のモニターではあまりわからない。・・・が5210Aで撮影した
動画に捕獲され、もがいている動画を撮影していた。

日時設定はでたらめです。すみません。
DSC_0044これらの調査は許可証を取得し行っております。

貴重な体験と素晴らしいお時間をいただきましたオサラッペ・コウモリ研究所様、
誠にありがとうございました!