Haglöf社訪問記2007

Nov/2007  by ホリーポッター

11月の下旬からGISupplyの選ばれしメンバーにてスウェーデンへ出発しました。
目的はVERTEX IVでおなじみの長いお付き合いであるHaglöf社を訪問するためです。
ストックホルムまでは成田からコペンハーゲンまで約11時間、コペンハーゲンから1時間ちょっとの長いフライトです。到着した日はすでにストックホルムでは夜となっていましたのでストックホルムにて宿泊です。

翌日ストックホルムからクラムフォースという空港まで飛行機で45分ほど移動。その後にHaglöf社より車で10分程のSollefteaという人口約1万人ほどの町へ向かいました。旭川に比べて雪が少ないものの風の冷たさが全く違います!

gi071100_01写真はSollefteaのメインストリート。
道行く全ての人たちが皆挨拶を交わしながら歩いています。
翌日朝からHaglof社へ訪問です。

Haglöfは60年以上の歴史をもつ会社です。社内はカラフルでおしゃれな内装、託児ルームなども用意してあり20数名ほどの社員のみなさんも気さくでアットホームな雰囲気でした。

gi071100_02

下の画像は
上:巨大インクリメントボア!さすが・・
中:工場の様子
下:インクリメントボアのビットがサイズごとに並べられてます

gi071100_03

gi071100_04

gi071100_05

一番下にある集合写真の研修用ログハウスではHaglofの歴史や従来の商品、何点かの新製品を映像で紹介していただき、その後に工場を見学しました。

gi071100_06

あたらしいタイプのプレシジョンキャリパー。
持ち手が握りやすくなったのと刃が折りたためるという改良をしてあります。
その他これから発売の新しいコンピューターキャリパーや刃にレーザーを搭載したものを見せていただきました。

gi071100_07シャープナーについての手ほどき

gi071100_08VERTEXの筐体に基盤を入れて組み立て作業

gi071100_09壁の中にはHaglöf製品の絵が沢山!

gi071100_10こちらは開発のJoakimさん
開発ルームでの作業を実際に見せていただき、私たちの製品への要望などを話しあいしています。

gi071100_11

ちょっと写真がぶれてしまいましたが・・・Haglöf社でもGPSを製品に少しずつ取り込みを進めています。私たちのお土産のWBT-201についてJoakimさんとJonasさんは興味深げでした。

gi071100_12

ストックホルムの都会から500km以上離れた田舎町で働いているHaglöfの方々。求人の募集などに困難な部分はないのかとふと尋ねてみましたが、全く問題ないとのこと。
林業製品を製造しているので大都会ではなく森林があふれているこの町に会社があることはとてもHaglöf社に合っているとのことでした。

スウェーデンは歴史と伝統を感じ、人々も豊かさを感じさせるとても素敵な国でした。仕事もさることながら、言葉や文化をもっと勉強してまたいつか行きたいと思います。

COMPUTEX TAIPEI 2007に行ってきました!

2007年6月12日
by ノルドマルク

gi070612_01

今年の台湾の梅雨は長い。雲は分厚く傘をさしていても外に出るとあっという間にびしょぬれになってしまうような大雨の毎日である。そんな中でも台湾の人たちは、雨合羽をはおってバイクで元気に通勤している。
 台湾の人たちにとって、北海道はあこがれの旅行先である。街中のコンビニに行くと、なんの変哲も無いパンに「北海道」という名前がつけられている。コンビニ内だけでも北海道にちなんだ(実はまったくの無関係でも)製品がいかに多いことか・・・。そんな北海道から台湾にでかけてきました。

梅雨の中メーカーとの打ち合わせも兼ねてCOPUTEXTAIPE2007を視察に行ってきました。

gi070612_02

gi070612_03

会場は3つに別れているのですが、出展企業の数が多く2日間びっちりブースをまわっても時間が足らないという感じでした。本展示会は主にバイヤーを対象としたもので、日本からもアキバのショップから仕入れにこられている?ような方たちに会場でたくさんお会いしました。パソコン関係ではメモリ、冷却装置、筐体など「よくこれだけ同じようなブースがあるな・・」と感心するほどで、こんな中で競争している台湾企業は競争力があるはずである。一般的なパソコンパーツなどの他に防水防塵パソコンや、ソーラーパネルで電源供給できるバックパックなど、付加価値をつけた製品も目立ちました。
さて肝心のGPS関係ですが、これも「よくこれだけ同じようなGPS受信機があるな」というくらいたくさんのGPS受信機が展示されていました。Mioを始めとする「カーナビヒューマンナビ」・・・横長PDAタイプの製品が多くの企業から展示されていました。日本ではカーナビ専業メーカーが強く、このテの「兼用タイプ」は人気がないようです。

台湾の大手GPSメーカーと言えばミオテクノロジーです。
MIOはハードウェアの大きさもさまざまなタイプがリリースされ、着実に自分たちのマーケットを固めつつあるようです。今回の展示会はあくまでもハードウェアでPAPAGOなど、ポータブルナビ用のソフトウェアメーカーは展示していないようでした。

gi070612_04MIOからは新型PDAがリリース

- GlobalSat -

さて私が所属する会社のビジネス関係ではまずGlobalSatです。GlobalSatは設立わずか7年目ですが、短い期間で成長し昨年はついに株式上場を果たしました。GPS専業としては大変な大手です。

他のGPSメーカーはだいたい 「SirfStarIIIチップを決まりきったボックスに  入れてできあがり!」というような似たような製品が多いです。しかしGlobalSatはそういった小さなメーカーとは明らかに一線を画します。資金余裕もあるのかデザインなどもお決まりのGPSボックスではなく、個性的なものが多いように感じます。

gi070612_05アジア担当のジェシカさん(左)とエンジニア

今回打ち合わせではDG-100 GPSロガーについての、弊社の希望事項を伝えてきました。 ソフトウェア日本語化はそのひとつで GPSロガーは昨年末からのひとつのトレンドですが、新しいGPSロガーがリリースされます。その他にBT GPS二機種が新製品でこの夏発売されます。

gi070612_06新製品長薄型ブルートゥースGPS受信機

gi070612_07新製品ブルートゥースGPS受信機

- Transystem -

トランシステムはi-Blueシリーズで一気に名を高めましたが、GPS専業メーカーではなく通信機器などでの知名度の方が高いかもしれません。
こちらでも弊社の「希望リスト」を手渡してきましたが、既にソフトウェアの日本語化や処理スピードアップなど、現在GPSロガー用ソフトウェアの大幅バージョンアップを考えているようです。GPSチームは意思の疎通がしっかりしており、ユーザーの眼からは「技術者がより近くにいる会社」という感じがします。
 新製品としてはトランシステム社こだわりのソーラーパネル付GPS受信機と薄型ブルートゥースGPS受信機がこの夏にリリースされるようです。

gi070612_08トランシステムの営業担当エリック(中央)と開発者

gi070612_09この夏発売の新製品

- San Jose Navigation -

gi070612_10長年日本担当のリャンさん

San Jose Navigationは主にOEMを引き受けるGPS専業メーカーです。弊社にとり台湾メーカーの中ではもっとも付き合いが長い会社です。今回は展示会終了後リャンさんと一緒に食事をしました。

- Wintec -

gi070612_11営業のビッキーさん(右)とエンジニアのアルさん

今回出展はしていませんでしたが、最近最も人気のあるGPSロガーWBT-201のWintec社も訪問してきました。この会社も大きい会社ですが、GPSは後発です。この会社の大きな特徴は「エンジニアが良いと感じたことは、すぐ製品に反映する」ということです。  
左写真のアルさんの頭の中は恐らく、ロガー用ソフトウェアのアップデートと新製品のことで頭がいっぱい・・・なのでしょう。仕事が楽しくて仕方がない・・・というようにも見えます。恐らくアルさんが考えたことはすぐ製品に反映できるような会社組織なのでしょう。ロガー用ソフトウェアTimemachine X(よく考えたらネーミングもすごい)も大幅なアップデートの途中です。言語ファイルをお客にまかせて自由にローカライズできるのも魅力です(弊社販売のWBT-201は弊社で翻訳した言語ファイルを添付して納品しています)。

この夏発売の新製品は乾電池で作動するGPSロガーとコンパス内蔵表示部分有GPS受信機です。現在のところ方位情報は表示だけで出力の予定がない・・・ということでしたが、是非NMEAセンテンスとして方位情報を出力するようにお願いしておきました。

gi070612_12新製品のコンパス内蔵GPS受信機

取引きのあるメーカーの新製品の他に、いくつか興味のある製品がありました。弊社で徹底評価の上、ご案内していきたいと思います。